ICU看護師求人TOP > ICU看護師の1日

ICU看護師の1日

ICU・集中治療室の勤務は大変そうなイメージがあります。実際に高い緊張感の中で迅速な治療ケアをしていますので、心身ともに激務だと言えるでしょう。重傷な患者さんや全身管理を必要とする患者さんを24時間体制で看護する場所ですから、するべき仕事がたくさんあるのです。そこでICUの1日の仕事をチェックしますと、主に大手術後の患者さんや、院内急変の患者さん、人工呼吸器管理を施す必要のある患者さんなどのケアが中心となります。これを24時間体制で、2交代制や3交代制にて担当していくのです。

まず日勤の場合は、基本的に看護師1人で1〜2人の患者さんを担当します。まず朝に病棟に行って、引き継ぎの前に患者さんの経過等の情報チェックを行います。その後に個々の担当する患者さんのベッドサイドで、夜勤看護師から引き継ぎの報告を受けて、夜勤看護師と日勤看護師の両方が一緒に、点滴類のダブルチェックを掛けて引き継ぎを行います。そして記録と照らし合わせて、全身チェックをして処置を施すといった流れです。もし患者さんの意識レベルが正常であれば、患者さんとその日のすべきことを話しあい、保清の時間や診察・治療・リハビリの時間と内容、食事・経管栄養などの計画を作ります。後はプランに従い、計測値のチェックや点滴を行い、必要な処置やケアなどを進めていきます。

また夜勤の場合は担当看護師の人数が減りますので、一人で3人程度の患者さんを看る事になります。引き継ぎの方法は日勤と同様です。その後は定時の点滴やデータチェックがメインとなります。また夜間でも処置の必要もありますし、せん妄や不穏の状態であれば、ある程度意識して見守っている必要も出てきます。この様に一夜を過ごした後に、朝になれば採血をしたり、食事の準備に取り掛かったりとかなり忙しい勤務であるのが一般的でしょう。そして患者さんがしっかりと休息を取る必要があるために、その点でもかなり神経を使います。

日勤も夜勤でも、しっかりと患者さんの様態を把握しながらの仕事ですので、神経が張りつめてしまい集中力が途切れる心配も出てきます。そして万が一の事態も起こりますので、決してルーチンワークを期待する事ができません。その為に臨機応変に対処できる様に、絶えず神経を研ぎ澄ましておかなければならないのも大事なポイントです。つまり危篤状態にある患者さん方へ安心感を与えつつ、その上で慎重なケアを施す勤務内容だと言えます。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<