ICU看護師求人TOP > ICU看護師の人間関係

ICU看護師の人間関係

ICU・集中治療室では、チームワークのレスポンスが重要視されます。担当医師と現場の看護師の意思の疎通や連携プレーが良好になるために、良い人間関係を築き上げていく必要があるのです。現場の先輩・後輩の良好な関係と信頼を育む努力を、どの看護師の方も心掛けて行かなければなりません。ですから新人として新たにICUの担当になった場合は、その現場のルールや仕事のやり方を先輩からしっかりと教わるべきでしょう。その際に教えを受ける時の態度が問題になります。初対面同士の関係ですから、スムーズに意思が伝わらないのは当然で、後輩はその点を理解してキツイ指導を受けたとしても受け止める度量があると良いでしょう。

こういった指導の場面で関係が壊れてしまい、仕事全般に悪影響を与えてしまう人間関係が起こりやすいものです。ですが、命の危険な患者さんへ適切なケアを施す義務があります。ですからミスを犯す心配のあるチームワークでは困るのです。その辺は先輩方も十分に理解していますので、変に意固地にならない様に、柔軟な心構えをキープする様に努めると良いかもしれません。先輩が厳しく指導するのは、チームワークの向上のためだと理解できれば、感情的な部分は抑える事ができるでしょう。

ICUではリーダーやプリセプター、夜勤の責任者などが後輩の指導の任を果たします。ですが、ある程度経験を積んだ看護師であれば、適宜必要に合わせて指導的行動を取るものです。その際に気を付けたいのが、後輩への対応に厳しくなり過ぎない様にする事でしょう。得てして思いやりが講じてつい気持ちが入り過ぎれば、後輩も感情的になりやすいと言えます。もちろん小さなミスや雑なケア、注意不足などの不満はあるかもしれませんが、人間関係のしっかりした現場では、リーダーから適切なアドバイスをしてもらう様にして、むしろ中堅の看護師はフォローに廻る場面が見られます。

この様に緊張感の高い医療現場では、つい他人の行動に過敏に反応する傾向があります。つい自分のレベルと同じクオリティーを求めてしまいがちで、そのせいでチームワークが乱れる様な人間関係になってしまうものです。ICUの現場ではその点に注意が必要で、看護師間で小言が多くなる傾向があるのです。ピリピリした医療現場では思わぬミスも起こりやすく、リーダーや医師が関係回復に尽力をしているケースがよく見られます。新たにICU看護師の職を目指す方は、職場の人間関係をチェックして選ぶ様にすると良いかもしれません。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<