ICU看護師求人TOP > 夜勤が少ないICU看護師求人

夜勤が少ないICU看護師求人

ICU看護師の職を敬遠される方の多くが、日数の多い夜間勤務にあると言います。ですから、夜勤が少ないICU看護師の求人を出している病院も見つける事ができます。ただし、その絶対数は少ないでしょう。ICUでの看護業務は、基本的に日勤・夜勤をローテーションによる交代制で担当するシステムになっています。ですから、どちらか一方だけという形で採用を行うのは、病院側にしてみると受け止めにくい条件なのです。そのために日勤のみの求人では、収入面にデメリットがあったり福利厚生面で不利であったりと、あるいはパート・アルバイト雇用といったマイナス条件を付けることがあるのです。

この点を考えますと、日勤のみの求人よりも夜勤専門のみの求人の方が多く、かつ雇用条件も良くなっていると言えるでしょう。厚生労働省では、ICUでは患者さん2人に対して一人の看護師を常時配置して看護する様に、業務環境の改善を強く求めています。そのために各ICUでは、夜勤だからといって人員を減らす事が出来なくなりました。現時点では夜間の担当看護師を確保する必要があって、日勤よりも夜勤専従の求人募集が多く出ているのです。

ただし同時に、近年ではどの業種でも女性の働く現場を改善する様に取り組んでいて、収入面はもちろん勤務形態でも女性への適性を高める傾向が出ています。これはもちろんICU看護師の職場でも同様で、結婚や出産などによる長期休暇と復帰後のシフト調整も行ってくれる様になったのです。そこで、どうしても夜勤を減らした勤務を望むのであれば、面接時にその旨をしっかりと主張すると良いでしょう。求人の募集要項に『日勤のみ』やシフト相談可としてあるところを選んで、希望の条件を交渉する様におすすめします。

近年ではママさんナースのために、24時間運営している託児所を併設している病院も増えています。また提携の保育所に子どもを預けられる環境を整えている医療機関も多くなってきています。そういった施設を有効利用する事で、多少の夜間勤務が割り当てられるとしてもやり繰りが可能になるかもしれません。先にも述べました通り、正規雇用で日勤のみのシフトを得る事は中々難しいのが現状です。ICUはチームワークが重要な職場ですので、看護師の皆さんが協力し合って効果的なケアを実現していかなければなりません。そこで、どこまで受け入れる事ができるのかといった妥協点を事前に決めておくと良いでしょう。その上で職場選びをするのであれば、後悔をしないで済むでしょう。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<