ICU看護師求人TOP > ICU看護師に求められる性格

ICU看護師に求められる性格

多くの看護師は無意識に楽な仕事、楽な病棟と考えがちですが、向上心の高い看護師や今の仕事に満足できない人が意識的に選択するのがICU看護師です。病院によっては一般病棟の看護師と給与の差をつけているところもあり、能力の高い看護師が集まる職場でもあります。ICU看護師を目指す場合、単に精神的に強くなければならない、仕事を続ける体力が必要であると漠然と説明されていることが多いですが、ICU看護師に求められる性格も重要視されています。

ICU看護は学会では強力に集中的な治療を施すところと定義されていますが、その処置方向性はドクターが決めます。そう表現してしまうと、看護師はただ指示されたことを続ければ良いことになり、生死を分ける患者が多いことからその指示が大量に出て、それをこなさなければならないと思っている人が多く、その為、業務に遂行なまじめな性格が求められるとされています。

しかし、実際にICU看護師は、指示されたことに対してその方向性を失わずに、自分の看護知識を生かしたドクターとの調整や他職種との連携が求められます。一度に多くの重篤患者を診る必要があることから、自分だけが能力を高めても、良い看護はできません。その場で求められていることは何かを理解し、その役割分担をしっかり把握し、業務を遂行できる広い視野と状況把握能力が必要です。それを生かすためには、ICU看護師に求められる性格として、人に対して壁を作らない、コミュニケーションを積極的に行える人物である必要があります。

ICU看護師として勤めるには一般病棟の看護師より特に循環器、呼吸器の知識が必要です。単に経験だけでものを言わせるのではなく、ICU看護師に求められる知識を身につけておく事前の準備が必要です。面倒なことをすべて請け負う八方美人の性格ではなく、自分に足りない知識を身につけておく先回りの性格が求められます。また、知識があればこなせるわけではありません。知識はあくまで自分の行動の根拠であり、実際に行動は判断力と状況把握能力によって生み出されます。ICU看護師に求められる性格としては、自分が頑張るというより、足並みをそろえて行動できることが必要です。

よくICU勤務経験者は性格がきつくなると言われていますが、それは、自分が今までしてきた経験から能力が高くなったと勘違いしている看護師です。また、特に時間に追われる職場であることから、逆に落ち着いた考えでじっくり攻めるような性格ではなくなってしまいます。性格がきつくないと務まらないというわけではありませんし、きつくなる必要もありません。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<