ICU看護師求人TOP > ICU看護師の研修

ICU看護師の研修

ICU/集中治療の現場で活躍する看護師は、命に直結した治療ケアを行いますから、専門的な知識やスキルを少しでも高めて勤務に当たる必要があります。日本ではICUによる集中ケアを、1997年から日本看護協会で専門領域として確立され、それ以降に認定看護師の教育も始まりました。この教育セミナーでは、ICUやCCU、また救命といった集中治療室におけるノウハウを含めた分野ごとの実践教育がなされています。

具体的な内容としては,集中治療ケアにおいてベーシックな技術である呼吸や循環、脳神経障害患者の病態生理と治療と看護や、心電図の基礎知識、あるいはフィジカル・アセスメントに多臓器障害の仕組みなどを解説する講義がなされます。またメンタルケアとして、危機的状況下にある患者の心のあり方やそのセラピー方法なども、理論を踏まえて詳しく説明してくれますので、看護師の方には必見だと言えるでしょう。研修は初心者から熟練の看護師の方まで、全ての担当看護師に有効です。それは毎日の勤務の中で疑問に思う項目を解決する場でもあるからです。もちろん詳しく伺いたい部分があれば、直接講師に質問をして、意見交換をするチャンスが得られます。

研修自体はICUへ配属されると、必ずレベルに見合った研修へ参加するように指導されるものです。初期段階では脳外科、外科、循環器系統の急患の疾患に関する講義を一通り学びます。それから術前・術後の看護ノウハウも大事で、麻酔処置の研修やレスピレーターについての研修は必須になっています。また看護技術として清潔操作も重要ですし、モニターチェックのノウハウなども対象になります。スワンガンツやAラインや呼吸器はどの患者さんでも利用されるアイテムです。ですからICU看護師ではスキルアップをしておくべきポイントだと言えます。

代表的な研修機関としては日総研のセミナーがあります。急性期アセスメントに役立つセミナーや、『胸腹部X線・CT、カテーテル画像読影の重要ポイント』など、細かなカテゴリーを設定したセミナーを開いています。またメディカ出版や日本離床研究会など多くの機関が研修の場を提供していますので、日本の主要都市で参加が可能になっています。これらの研修に関しては、ICU勤務についてから病院側の指導で参加するのはもちろんですが、もし必要を感じるならば、就職前に事前に参加しておく事はプラスになります。自分の目指すICUの職場に有効な知識を高めていく事も、就職への大きな力になる事は確かでしょう。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<