ICU看護師求人TOP > ICU看護師の仕事内容

ICU看護師の仕事内容

ICUの看護師として転職を目指ししている方は多くいらっしゃることでしょう。これまでICUの看護師として、沢山のキャリアを重ねていきた看護師の方であれば、問題はないでしょうが、これからICUの看護師として転科などをして転職を考えている方向けに、ICU看護師の仕事内容について紹介をしていきましょう。

ICUという場所は、一刻の猶予も許されない容態で運ばれてくる患者さんを相手にする場所です。つまりは何かしらのアクションを起こして、迅速にかつ、正確に対応をしていかないと、生命の危機に立たされるという状況であることが多いのです。他の診療科目のように、特定の守備範囲の看護をすればいいというだけではなく、様々な診療科の看護知識が必要になってくる場所でもあるのです。

基本的にICUに存在している患者さんは、自発呼吸などが出来ていないことが多く、人工的に臓器などに必要な酸素を送ったり、栄養素や鎮痛剤というものを送るため、点滴のためのチューブや呼吸器のチューブを始めとして、モニターなど様々な機材が繋がれているケースがほとんどです。最低限度の仕事内容としては、これらのものを適正に管理をすることと、機材などがしっかりと動作しているかどうかを確認するということが大事になってきます。

前述にあるように、様々な機材などが正常に動作しているのかの確認はもちろんのことですが、それらのモニターなどを見て、数字の変化があったり、表情や顔色、身体の変化などから、患者さんの容態というものをいち早くチェックし、医師に報告をして、サポートをすることもICUで働く看護師の大事な役割であると言えるでしょう。ICUの看護師の仕事内容は非常に多岐に渡りますが、共通して言えることは、とにかく迅速な対応が求められるということなのです。

ICUで勤務をしている場合、拘束時間なども長く、精神的にもプレッシャーを感じているため、肉体的、精神的なプレッシャーというものは、相当なものになるはずですから、かなり疲労感を感じていることが多いものです。しかしながら、それでもいつでも気を抜かず、何か変化があった場合には、迅速に対応をし、救命措置を施したり、必要な薬や機材を用意したり、ドクターを呼び出すなどのアクションを起こさなければなりません。

幅広い医療や看護の知識を習得していることはもちろん、それらを元にして、実際に実践することが出来るかどうか。また、どんどんと変化する最新の医療技術や医療機材の使い方を覚え、柔軟かつ迅速にマスターする要領の良さが必要になってくるのです。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<