ICU看護師求人TOP > ICU看護師を辞めたい場合

ICU看護師を辞めたい場合

看護師の仕事はどの病院に勤務しても、人手不足などからかなり忙しい毎日を送ることになります。特にICUは一般病棟と違って判断力や精神力、行動力を問われる勤務形態であり、常に緊張の中で仕事をしなければなりません。そんなICU看護師を辞めたいと思っている人も、先の仕事を見据えるとなかなか言え出せず、体を壊してしまって看護師の仕事自体を辞めてしまうというケースが後を絶ちません。

ICU看護師を辞めたい場合、主に2つのパターンがあります。ひとつは病院そのものを辞めてしまう事です。転職という方法を取ることになりますが、転職を繰り返すことは、今後の病院採用時に決してプラスにはなりません。その際の理由などを明確に答えられないと、ただ仕事が忙しくて辞めたという理由にしかなりませんので、転職時にも影響が生じます。その影響を出さないようにするには、転職をひとつのきっかけにする必要があります。志望動機もICU看護師としての経験を生かしたい、ICU以外にもさまざまな知識をつけたい等、人事採用者が納得する理由を整理する必要があります。

ICU看護師を辞めたい場合のもう一つのパターンはい人事異動です。この場合も二つのケースが考えられます。本当に体がきつくてとても続けることができないという説明をして異動願いを出すパターン。もうひとつは、業務をきつく感じているという理由を隠して、他の知識をつけたいという理由にして異動願いを出すパターンです。このパターンの選択は少し男女差別的な要素が含みますが、男性と女性によって使い分ける必要があります。女性の場合は、精神的な疲労や体力の限界などの理由は比較的病院内で通りやすいです。それに対して男性が同様の理由で異動願いを出したところで、次の異動先では冷ややかな目を向けられることになります。

ICU看護師を辞めたい場合、特に男性看護師の場合は、体力的にきつい理由のほかに、他の部署でやりたいことをしっかり病院側に伝えるようにしましょう。男性の最も頼りにされている部分に対してギブアップしてしまう事は、今勤務している病院の今後の仕事的な扱いが変わってしまう可能性があります。役職がつくことである程度仕事が楽になることもありますので、理由づけはちゃんと整理しておきましょう。女性だからといって感情的に疲労などを訴えることは自分にためにはなりません。しかしながら、体力的な厳しさを冷静に伝えることで、病院側も理解を深めてくれます。それに、意外に女性のそういった弱い面は認められるケースが多いです。

ICU看護師求人ランキング!人気No.1の転職サイト決定!

ナースフル



>>内視鏡の看護師求人に強い転職サイトランキング!2位〜はここでチェック<<